大変お待たせしております白亜器の猫香炉と猫徳利ですが、予定より早くゴールデンウィークに入荷の運びとなりました!

 

今回の入荷分はご希望者がたいへん多いためすべて抽選販売とさせていただきます。

 

5/6(日)に当店にて抽選会を行い、当選した方に販売させていただきます。

 

入荷日(5/1頃の予定)より5/6まで店頭にて作品を展示いたしますので実物をご覧いただけます。

 

合わせてWEBにて申し込み受け付けを開始します。

 

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://yushima.oukanjirushi.com/form.html

 

 

入荷、申し込み受け付け開始の際にはまた改めてお知らせいたしますので今しばらくお待ちくださいませ!

 

 

 

 

 

東京・湯島 猫雑貨と御朱印グッズ 王冠印雑貨店

 

 


広重 手ぬぐい

 

今日は東京でも25℃で少し歩くと汗ばむような陽気でした〜。

 

そんなこれからの季節におすすめの歌川広重の猫絵を散らした手ぬぐいや扇子、シンプルなかわいさで男女問わず人気です(^^)

 

風景画で有名な広重ですが、スケッチ集『浮世画譜』では江戸の庶民の生活や動物たちを描いたゆるかわなイラストがたくさん!

 

その1ページに登場しているのがこの猫さんたちです。
 

毛繕いをしているコや遊んでいるコ、まあるくなって寝ているコなど全部で24匹の猫たちがいます。

 

こちらの広重猫絵手ぬぐいはオレンジと白の2種類ありますよ。

 

 

 

 


広重 扇子

 

扇子も粋でかわいいですね〜

 

つい見せびらかしたくなっちゃいそうですw

 

猫好きの浮世絵師といえば歌川国芳が有名ですが、広重も実は猫を飼っていたそうですよ。

 

 

 

 


広重 猫

『浮世画譜』の猫たちの中で個人的に好なのはこのコ。

 

色柄と、手足は細いけど胴体ぽっちゃりな体型と、いつもこのポーズで私を見つめてくるところがわらび店長そっくりなのですw

 

みなさんもお気に入りのコを探してみてください(^-^)/

 

 

ほかにも広重の猫絵をあしらったグッズたくさんございますのでぜひ店頭でご覧ください♪

 

 

 

 

江戸猫

【江戸猫大集合】開催中!

 

 

 

 

 

東京・湯島 猫雑貨と御朱印グッズ 王冠印雑貨店

 


宇賀福神社

 

先日のお休みは友人たちと横須賀〜鎌倉遠足へ行ってきました♪

 

まずは横須賀でいちご狩り、これでもかというほどいちごを食べ、お腹パンパンで鎌倉へ向かいました。

(数えたら24個食べてたけどトップの友達は36個で圧勝w)

 

鎌倉ではどこに行こうか、と移動中相談しましたが、やっぱりみんな仕事や金運関係が気になるw

 

ということでまずは銭洗弁天「宇賀福神社」へ!

 

すっごい昔行ったことあるけどほどんど覚えてないのでほぼ初めてなかんじ(^^;;)

 

大きな岩盤に開いた洞穴を抜けて中へ…

 

 

 



宇賀福神社

 

入っていくと開けた境内に出ました。

 

こんなかんじだったんだ、全然覚えてない(^^;;

 

こちらでお参りをした後、奥の洞窟へ。

 

 

 

 


宇賀福神社

 

湧き水があってここでお金を洗います。

 

せっかく銭洗弁天に来たので奮発して(?)なけなしの1万円札を洗っちゃいました!

 

破れないように慎重に慎重に…笑

 

「洗ったお金は有意義に使いましょう」と書いてあったので何に使うかよーく吟味してから使おう!

 

 

 

 


宇賀福神社

 

そして御朱印も忘れずに(^^)

 

 

 

 


宇賀福神社

 

「古都かまくら 銭洗弁財天 平成参拾戊戌歳 卯月九日」

 

 

宇賀福神社の後は気になっていた佐助稲荷神社へ行ったのですが、その様子はまた次回で!

 

 

 

 

 

東京・湯島 猫雑貨と御朱印グッズ 王冠印雑貨店
 

 

 

猫飼好五十三疋


開催中の【江戸猫大集合!】より、今日ご紹介するのは、歌川国芳の浮世絵『猫飼好五十三疋(みょうかいこうごじゅうさんびき)』のミニ風呂敷。

 

国芳の『猫飼好五十三疋(みょうかいこうごじゅうさんびき)』は『東海道五十三次』の宿場町を猫の駄洒落でもじった浮世絵です。

 

常に家に10匹以上猫がいた猫好きで、駄洒落が好きな江戸ッ子の国芳らしい作品(*^^*)

 

元々3枚続きの浮世絵ですがこの風呂敷には全部の猫たちが集合してます♪





猫飼好五十三疋

 

例えば日本橋は二本の鰹節で「二本だし」、続く品川宿は白い顔の猫で「しろかお」、沼津は「なまず」、三島は三毛猫の猫又で「三毛ま」といった具合で五十三の宿場町と出発地の日本橋、到着地の京都を合わせた五十五種類の猫の駄洒落が描かれています。

 

中にはけっこう無理矢理なのもあったりしますが…(^^;;

 

ひとつひとつ見ていくととってもおもしろいですよ♪

 

ちなみに、今うちのお店にある江戸猫グッズで一番多いのが猫飼好五十三疋をモチーフにしたグッズかも。

 

風呂敷の他にもシールやワッペン、マグカップに御朱印帳、変わったところでは御守り袋とか。

 

他にもいろいろあるのでぜひ店頭でご覧ください☆彡

 

 

 

猫飼好五十三疋のミニ風呂敷は通販もしてます↓

http://zakkaya.oukanjirushi.com/?pid=111066527

 

 

 

 

江戸猫

【江戸猫大集合】開催中!

 

 

 

 

 

東京・湯島 猫雑貨と御朱印グッズ 王冠印雑貨店
 




本日から【江戸猫大集合!】と称して国芳や広重を中心に、浮世絵の猫をモチーフにしたグッズにスポットを当てた企画始まりました☆彡

 

いろいろ素敵なものが揃っているんですが、今日はその中から最近入荷したおすすめの御朱印帳をご紹介したいと思います(^^)





猫鼠合戦 御朱印帳

実録猫の「まけねこ」御朱印帳とお揃いの御朱印帳袋は、月岡芳年の浮世絵『猫鼠合戦』の一場面。

 

実は昨日の休み、静岡市立美術館で開催中の【いつだって猫展】に行って来たのですが、そこでこの浮世絵を見ることができました♪


 



猫鼠合戦

 

『猫鼠合戦』という昔話を元に描いた猫とネズミの壮絶でコミカル(!)な戦いは6場面から成っていて、この御朱印帳の絵柄になっているのは5番目の絵です。

 

犬張り子に乗った大将率いる鼠軍団が猫軍団を攻め立てている場面。

 

そこに至るまでの戦いを見てみると、猫軍団が掲げている幟に鼠よけの薬の原料が取れる石見銀山の文字が書かれていたり(◆法∩佑食べているご飯のおひつが当時猫のえさ入れによく使われていたアワビの貝殻になっていたり(ぁ法△い蹐鵑幣ネタがちりばめられていておもしろいんです♪

 

やはり歌川国芳の系譜の月岡芳年だけあって猫がらみは得意だったんでしょうか(^^)

 

 

こちらの御朱印帳と御朱印帳袋は表と裏で一場面の絵になっているので二通り楽しめて一石二鳥ですよ!

 

印刷もきれいなのでぜひ店頭でご覧ください。

 

 

 

 

 

江戸猫

【江戸猫大集合】開催中!

 

 

 

 

 

東京・湯島 猫雑貨と御朱印グッズ 王冠印雑貨店
 


王冠印雑貨店
湯島ロゴ

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
Twitter  Facebook

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

にほんブログ村 雑貨ブログ レトロ雑貨へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神田・御茶ノ水・神保町情報へ


◆王冠印雑貨店へのアクセス◆
王冠印雑貨店 地図
東京都文京区湯島3-4-2 佐藤ビル1階

湯島ロゴ