王冠印雑貨店のコンセプトは「古き良きレトロデザインのインテリア・雑貨・お洋服」ですちゅん


そのコンセプトに基づいて集める品ものは、

「古くてステキなもの」

「昔ながらのデザインのもの」

「レトロなデザインの現行品」

などになるのですが、古いもの=中古家具や雑貨、古着などを扱うには「古物商」の免許が必要になります。


なので私も古物商の免許を取るために先日手続きをしてきましたonnpu


書類を揃えて管轄の警察署に申請すればいいだけなので(あと手数料が19000円掛かります)そんなに難しいことはないのですが、けっこう色んな書類を集めなきゃいけないのでちょっとめんどくさい…ゆう★


提出した書類はこんなかんじ。

1.申請書
2.略歴書
3.誓約書
4.賃貸借契約書のコピー
5.住民票
6.身分証明書
7.登記されていないことの証明書


1〜5まではなんとなく分かるけど、ん?と思ったのは6,7の書類。

身分証明書というと普通、免許証とか保険証と思うけど全然違って、

「禁治産者(被後見人)、準禁治産者(被保佐人)、破産者でない」ことを証明してもらうもの、だそうです。

へえー、そんなの初めて知った〜ゆう★


そしてもう一つ、登記されていないことの証明書とは、

「成年被後見人・被保佐人に登記されていないこと」を証明するもの、です。

これまた初めての書類!ゆう★


身分証明書の方は区役所で取れるけど、登記されていないことの証明書は九段下の東京法務局で発行してもらいます。

初めて入る東京法務局!

なんだかオトナな気分でした。笑


以上の書類を警察署に持っていってチェックしてもらい、特に問題なかったので無事申請は完了手

しかーし!

すぐに許可が下りるほどお役所仕事は早くない。

免許がもらえるのは約40日後だそうです。

気長に待つしかないですね・・・トホホ




レトロ雑貨・アンティーク 湯島の小さな雑貨屋さん 王冠印雑貨店

 

いよいよライティングのダクトレールの取り付けですkira

ダクトレールの設置は配線工事が必要なので、電気工事士の資格がない人には工事ができません…涙

なので私には工事はできないのですが、偶然にも(?)私の父が電気工事士の資格を持っていたので工事は父に頼むことに。

でかした、父!笑


ということで、さっそく設置に取りかかります。

まずは昨日アキバで買ってきた3mのダクトレールを四等分にカット。



ライティングダクトレール

ダクトレールは鉄っぽい固い素材なので金鋸でゴリゴリと切ります。

カットし終えたら一旦レールは置いといて、続いては天井からの配線コードを電源供給用の部品(フィードイン端子付きジョイナ)に引き込みます。

そこから左右にダクトレールをはめ込んで一本に繋げていきます。




ライティングダクトレール

ジョイナにレールを片方だけ付けたところ。




ライティングダクトレール

両側にレールを付けたらこんなかんじ。

この状態では電源コードからただぶらーんとぶら下がっているだけなので、これを天井にビス留めして固定していきます。




ライティングダクトレール

電動ドリルでドドドドドとビス留めする父。

ちなみに、このような石膏ボードには普通に留めるだけだとビスが抜けてしまう危険性があるので、アンカーという部品を使って補強します。

これで重いものを吊るしても大丈夫手




ライティングダクトレール

レールの固定完了!

ライトを付けてみてしっかり通電してることを確認!

これをさらにもう一本取り付けてライティングの設置が無事完了しましたにっこりネコ

父に感謝!ハート




ライティングダクトレール

完成図。

真ん中の電源供給口から両方向に75cmずつレールが延びています。

よし、これでひとつミッションクリア手

でもまだまだオープンに向けてはやることが山積みですネコ

がんばるぞー!!




レトロ雑貨・アンティーク 湯島の小さな雑貨屋さん 王冠印雑貨店
 


王冠印雑貨店は小さな雑貨屋さんです。

小さな雑貨屋さんには当然予算はありません…笑

なので内装も出来ることは自分でやろうと思っています。

というか、たぶんほどんど業者さんには頼まずにおみせ作りをすることになりそうですパンダ


天井の照明をどうするか考えたとき、やっぱりレールを付けて好きな位置に好きな照明を付けられるようにしたい!

と思ったんですが、全くそんな知識がないのでなにをどうすればいいか分からない…汗

まずそれがなんていう名称かすら知らなかったし…

調べてみるとどうやら「ダクトレール」という名称だと分かり、施工の仕方も一通りお勉強。


「ダクトレール」の端っこに「フィードインキャップ」を付けてそこに天井からの配線を引き込み、反対側の端っこを「エンドキャップ」で閉じる。

うん、分かったグー

と思ったけれど、問題が発覚。

配線がレールを取り付けたい場所のちょうど真ん中にあるから、フィードインキャップをそこに付けると、付けたい長さの半分しかレールが付けられないうさぎ

どうすればいいんだろう〜とない知恵をしぼって考えた苦肉の策がこちら。




ダクトレール


なんのこっちゃ???ですよね冷や汗

まあサラッと流してください。笑

でもこの小さなスペースにこんなにダクトレール必要か!?と思って考え直し、やっぱり配線コードを延ばして1.5mのレールの端から電源供給すればいい話なんじゃないか?ということに。

図にするとこんなかんじ。



ダクトレール


かなりスッキリしました!笑


さて、そうと決まったのでさっそく材料を買いに秋葉原へ。

王冠印雑貨店のある湯島からは秋葉原がなにげに近く、歩いて10分くらいなので便利!

照明専門店で上図のような構想を伝えると、「それなら二股に分けて電源供給するパーツがあるので、それを真ん中に付けてそこから両側にレールを延ばせますよ」だって!

ガーン…顔

私がレールの配置について頭を悩ませていた日々は何だったんだ!?笑

やっぱりプロに聞くのが一番ですね笑顔


というわけで紆余曲折ありましたが、無事材料を調達して帰途につきました。




ダクトレール


長さ3mのダクトレール。

途中、電線に引っかかりながら秋葉原から抱えて歩いてきました。笑


明日はいよいよ取り付けですパンダ




レトロ雑貨・アンティーク 湯島の小さな雑貨屋さん 王冠印雑貨店
 


王冠印雑貨店のおみせ作り2日目。

昨日は床を剥がしたので、今日は天井の照明を事務所っぽい蛍光灯からおみせっぽいダクトレールに付け替えるべく、まずは今まで付いていた照明の撤去に取り掛かりました。






こんなふうに蛍光灯の照明器具がふたつ付いていました。






おっきい脚立に乗って取り外し。

高所恐怖症じゃなくてよかった!

照明器具を外してみると…






電気の熱で照明の部分だけ天井が黒くなっちゃってました。

そこで、まずはその部分をカバーするためにペンキ塗り。






ターナーのバターミルクペイント。

パッケージがかわいすぎる!

しかも、本当にミルクの原料で作られた天然の塗料なので、安心安全というのも魅力的です。






そんなかわいい塗料でひたすら塗り塗り。






途中経過。

もともと塗ってある塗料の種類が分からないので、ただただかわいいというだけでバターミルクペイントを選んだけど、同じ白でもやっぱりけっこう色味が違う!?

でも乾けばきっと馴染むはず!?

いや、馴染んでくれ!と思いつつ二度塗りして仕上げてみると…






あ、けっこう馴染んでる!

それほど気にならない程度ですよね?

一日くらい置いてしっかり乾かしてから、ダクトレールの取り付けに掛かろうと思います。


つづく…






照明器具の残骸…




レトロ雑貨・アンティーク 湯島の小さな雑貨屋さん 王冠印雑貨店
 


12月にオープンする王冠印雑貨店はただいま絶賛準備中です。

今日は少しおみせ作りの様子をご紹介したいと思います。






ここが王冠印雑貨店になる予定のスペースです。

まだなんにもないです。

もともと事務所として使われていた場所なので、おみせには似つかわしくないカーペットが敷き詰めてあったり、照明はむき出しの蛍光灯だったり…

そこでまずはこの事務所然としたカーペットをはがすことに。








四角いカーペットがタイル風に敷かれています。

はじっこを少し切って持ち上げてみると…








なんとカーペットの下にはPタイルが…

しかもべったりとくっついていました。

これはもうまとめて剥がすしかない、と思ってベリベリと引きはがしに掛かりました。








意外と簡単に剥がれるところもあれば、癒着してへらでゴリゴリやらないと剥がれないところも…

なにより大変だったのはPタイルのなんと重いこと!

広さ的には10平米くらいのスペースですが、Pタイルの重量感に腰が悲鳴を上げてました…







2時間程掛けてなんとか全て剥がし終え、コンクリートの床が出てきました。

床は板を張ろうかペイントしようかなど色々考えましたが、この古くてラフなコンクリートを生かした方が味があると思ったので、後日コーティングだけして仕上げる予定です。

その前に、次は天井の照明チェンジに取りかかろうと思います!


つづきはまた明日。








カーペットとPタイルの残骸…




レトロ雑貨・アンティーク 湯島の小さな雑貨屋さん 王冠印雑貨店

 


王冠印雑貨店
湯島ロゴ

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
Twitter  Facebook

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

にほんブログ村 雑貨ブログ レトロ雑貨へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 神田・御茶ノ水・神保町情報へ


◆王冠印雑貨店へのアクセス◆
王冠印雑貨店 地図
東京都文京区湯島3-4-2 佐藤ビル1階

王冠印雑貨店
湯島ロゴ